MEETS KOBE

KOBE CITY

WE KOBE.

本サイトは、学生の皆さんに、
神戸企業や神戸で働くこと・暮らすことの
魅力をお届けするため、
神戸市より委託を受けて
株式会社ディスコが運営・管理を行うサイトです。

就職活動イベントの告知に加え、
神戸企業の紹介動画やインタビューページ、
社員の方からの投稿記事などを掲載しています。

神戸での就職を
神戸市は応援します。

KOBE CITY

神戸で働く人

神戸の社長インタビュー編

pic

食を通じて文化の発展や
郷土活性化につなげる

株式会社ワールド・ワン

代表取締役社長 河野 圭一 様

若い頃、仕事で日本各地をめぐる中で、日本の食文化の豊かさを実感し、ワールド・ワンのビジョンを思い描く。会社設立後は持ち前の実行力で、仕入先(生産者)や物流ルートを開拓。事業内容も飲食店の運営に留まることなく、さまざまなフィールドに広げている。新しいことにチャレンジするため、社長からのトップダウンではなく、すべての社員が参加して取り組む姿勢を重視している。

震災で神戸の街が崩れた経験が
事業をおこす原動力に

pic

当社の事業の特長は、単に居酒屋やスイーツ店の運営、食品のECを展開するのではなく、郷土の食文化の魅力を神戸や大阪、東京で暮らす方々に伝え、豊かな未来を創造するというミッションを実現するために取り組んでいることです。

こうした事業をはじめたのは、元をたどると阪神淡路大震災がきっかけです。当時20代前半だった私は、三ノ宮で小さな飲食店を経営していたのですが、震災で店を続けるのがむずかしくなりました。自分が生まれ育った街が一瞬にして崩れ落ち、しばらくの間途方に暮れていましたが、時間が経つにつれ、いつかもう一度神戸で店を開こうという想いが強くなっていきました。

といっても、すぐに店をはじめられるわけもなく、どうしようかと悩んでいた時、ご縁があってプロレスラーに転身しました。プロレスはさまざまな地方に行って試合をするのですが、その時に見たことのない料理や食材に出会う機会が多くあり、改めて日本の食文化の豊かさを実感しました。
そしてプロレス引退後、再び飲食店を開くことを決意。その際、自分が好きな沖縄料理を神戸の人に知ってもらいたいと思い、当社の1号店にあたる沖縄料理専門店をオープンしました。それが2002年のことです。

モノを提供する“産地直送”ではなく、
人をつなぐ“産地直結”という姿勢

今でこそ地方の料理を提供する店はありますが、当時は産地直送という発想すらほとんど認識されておらず、食材の仕入れ先や物量ルートもゼロから開拓する必要がありました。生産者様に私たちのビジョンを理解していただくため、何度も訪問して説明させてもらったのですが、最初はうまく伝わりませんでした。また、物流面でもコストをおさえながら安心・安全に食材を空輸することに苦労し、試行錯誤を重ねながらかたちにしていきました。

こうして産地から送っていただいた食材を使った料理を提供したところ、お客様から「こんな料理はじめて食べた」、「おいしい」という声をたくさんいただいたんです。この時、自分たちがしたいのは食材や料理を提供する“産地直送”ではなく、郷土と消費者をつなぐ“産地直結”だと、事業の方向性が明確になりました。それから当社が掲げるミッション・ビジョン・バリューを実現するために、さまざまな取り組みにチャレンジしています。

そういう意味では、店舗は郷土と消費者をつなぐチャネルのひとつで、それだけにこだわる必要はないと考えています。近年の取り組みとしては、「+郷土(プラスきょうど)」というECサイトを立ち上げて、食品の通販に加えてマガジンの発行やイベント開催を行っています。こうした試みに挑戦することで新たなご縁が生まれるので、起業して20年経った今も仕事が楽しくて仕方ありません。

pic

与えられた仕事だけを
するのではなく、
自分で仕事を創る人に期待

当社は特色のある会社なので、就職を希望される方はフードビジネスだけでなく地域貢献にも関心があり、「ワールド・ワンで働きたい」と言ってくれる方が大半です。ですので、社員のモチベーションが高く、活気にあふれています。日々の業務では、社員の意見を取り入れるために、気兼ねなく意見交換できるブレストを重視しています。みんな積極的に自分の考えを発信するので、「誰が社長やったっけ?」と思うことも少なくありません(笑)。

当社で働く魅力は、理念の通り。ひとつつけ加えるなら、毎日の仕事を通じて生産者様や消費者様の反応をダイレクトにふれられること。時には厳しい意見をいただくこともありますが、それは成長するためのチャンスなので、前向きにとらえて改善に努めています。

今後の展望は、これまで以上に郷土とのつながりを強くするために、さまざまなチャネルを創造すること。自治体様と協力して、キラリと光る食品加工技術を継承する「ローカル・マイクロファクトリー構想」もそのひとつです。まだまだたくさんアイデアや動きだしているプロジェクトがあるのですが、この記事におさまらないのでこの辺でやめておきます(笑)。

これから当社に入社する方には、与えられた仕事だけをするのではなく、自分で新しい仕事を創る姿勢をもってほしいと思っています。日本の郷土の活性化や食文化の発展に貢献できるよう、一緒にがんばりましょう!

pic

会社紹介

株式会社ワールドワン

「食によって、郷土と地域をつなぎ、ニッポンの風景を熱くする。」という理念に基づき、飲食店の運営、EC、デリバリーサービスなどを展開する株式会社ワールド・ワン。全国の郷土〜生産者と消費者をつなぐメディアとしての活動にも力を入れており、マガジンの発行や、ツアーの実施、優れた食品加工技術の継承にも取り組む。意欲あふれる若手社員が多く活躍していることも特色として挙げられる。